スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ASCII週アスPLUS for iPhone GWアプリコンテスト応募【体操のお兄さん】

■アイコン ※画像はクリックで拡大


■アプリ名
体操のお兄さん

■価格
無料

■対応OS
iPhone

■ダウンロードURL
[iPhone]
https://itunes.apple.com/jp/app/ti-caonoo-xiongsan/id586975473?mt=8

■作者
中西 修二
ナカニシ -Nakanishi-公式Facebookページ: http://www.facebook.com/nakanishi.jp

■キャッチコピー
パーフェクトで決めポーズ!体操のお兄さんがトランポリンで大ジャンプ!

■アピールコメント
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【質問1】このアプリを着想されたきっかけは?

シンプルアクションゲームに独自のシューリズムを加えたくて発案しました。
再チャレンジ熱を煽りつつ達成感を与え、簡潔な操作により幅広い多くのユーザー層に受け入れられる様な設計を志しました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【質問2】このアプリの開発者的なセールスポイントを教えてください

短い時間で遊べますので、ちょっとした時間にチャンレジができます。簡単な操作でありがならシビアな判定を入れる事で、プレイヤーの熱中度を増させます。

タイミングにより発生する「パーフェクトポーズ」の演出で、爽快感とニヤリとさせる面白みを感じさせ、また達成状況を★で表すことで達成感と所有欲を得られます。

また、GameCenterで不特定多数のユーザーと競合できます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【質問3】開発で苦労された、あるいは楽だったのは、どういう点ですか?

他のトランポリンゲームは「ジャンプ後」のアクションがメインシステムですが、本ゲームは「ジャンプ前」のアクションがメインシステムとなります。
シンプルなゲームジャンルではありますが、機能やネタの仕込みで他アプリと差別化するのに工夫しました。

■スクリーンショット ※画像はクリックで拡大
 
 

スポンサーサイト

ASCII週アスPLUS for iPhone GWアプリコンテスト応募【パリンゴゆでたまご】

■アイコン ※画像はクリックで拡大


■アプリ名
パリンゴゆでたまご

■価格
無料

■対応OS
iPhone

■ダウンロードURL
[iPhone]
https://itunes.apple.com/jp/app/paringoyudetamago/id598577597?mt=8

■作者
中西 修二
ナカニシ -Nakanishi-公式Facebookページ: http://www.facebook.com/nakanishi.jp

■キャッチコピー
世界発見的アプリ!ゆでたまご剥きゲー登場!

■アピールコメント
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【質問1】このアプリを着想されたきっかけは?

誰もが経験のある「ゆでたまごを剥く行為」。
ありそうで無かったゆでたまご剥きをゲームにすればどうかという発案です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【質問2】このアプリの開発者的なセールスポイントを教えてください

カジュアルで済まさず、時間概念やコンプ要素を追加し、誰しも理解できるシュールなコンセプトで広くユーザーに受け入れられるような設計です。

1プレイがごく短い時間で遊べるので、少しの空いた時間を埋めるのに最適です。テンポ良くゲームが進行しますので、爽快感やストレス発散などに役立ちます。
また、図鑑機能での所有欲や、プレイ頻度で条件が変わるなど、継続してプレイする楽しみを与えます。
ランク(レベル)が上がるとスコアも上昇しますので、ランキングプレイヤーにも同等に何度もチャレンジして頂けます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【質問3】開発で苦労された、あるいは楽だったのは、どういう点ですか?

操作が連打するだけという単純明快さは同じですが、本アプリはゲームオーバー制度は無く、延々とプレイします。
限りなくライトユーザー向けの設定で、とにかく何も考えずプレイす最後まで到達できるように工夫しました。

しかしながらスコアや経験値の貯まる早さなどテクニックを要求するゲーム性もあり、気分によって切り替えれるように配慮しました。
おかしな剥き方をしてみたり、少ないタップでクリアできる方法をじっくり探してみたり、ユーザーの発想のままプレイができます。

■スクリーンショット ※画像はクリックで拡大
 
 

ASCII週アスPLUS for iPhone GWアプリコンテスト応募【必殺なめこ戻し】

■アイコン ※画像はクリックで拡大


■アプリ名
必殺なめこ戻し

■価格
無料

■対応OS
iPhone

■ダウンロードURL
[iPhone]
https://itunes.apple.com/jp/app/bi-shanameko-tishi/id604683199?mt=8

■作者
中西 修二
ナカニシ -Nakanishi-公式Facebookページ: http://www.facebook.com/nakanishi.jp

■キャッチコピー
穫ったらちゃんと戻してる?なめこを長野県へ戻すゲームが登場!

■アピールコメント
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【質問1】このアプリを着想されたきっかけは?

ちょうど時間概念を取り入れたアプリをリリースしたところで放置系アプリが開発したくなり、参考に他社のアプリを閲覧していましたら「おさわり探偵 なめこ栽培キット」がひときわ目につきました。
今や国民的認知度でロングヒットを続ける「なめこ栽培」ですが、興味を持ったのはそのアクティブ数。

落ちないランキング順位から想像するに、おそらく毎日のアプリ起動がとんでもなく多いのだと思いました。
毎日どこかで誰かがなめこを収穫している、それもとんでもない量を。
集計したら一日に何本のなめこが収穫されているのだろう?

そんな疑問から、改めて"なめこ"というキーワードを調査すると長野県がなめこ生産量日本一であるとの情報を得る事ができました。
現実世界での話です。
じゃあ全国のゲームで収穫されたなめこも長野県にプラスすればどんなものか、みたいな悪ふざけな発想が生まれ、そこから転換して送る(戻す)、なめこのキャッチアンドリリースという概念が生まれました。

そっちのアプリをプレイしたら、存在を思い出してもらえるアプリ。
地域をテーマにしたローカル感からくる「所有欲」にも関心があり、今回の発想と合わせて形となった次第です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【質問2】このアプリの開発者的なセールスポイントを教えてください

長野県に戻した時の爽快感にこだわりました。
ドラムロールからガッシャーンと凄い量のなめこが戻るエフェクト部分は、このアプリの主旨でありキモだからです。

とはいえ、ただただ長野県に戻すだけでは実際の長野県民さんに反感を頂きそうなので(笑)、長野県民モード「必殺なめこ戻し返し」と題して反撃できるモードを搭載しました。
どちらのモードも貯めて貯めて貯めてドカーンという気持ち良さがあります。
一気にマップが赤く染まる光景は必見ですよ。

また、自分の持ち味であるシュール感を高めたかったので、遊び要素としてなめこ総数を読み上げる「なめこお姉さんのボイス機能」を搭載。
機械合成音声ってなんだか面白くて何度も聞いてしまいますよね。
長野県へなめこを戻した後、聞いてニンマリして頂くのが狙いです。

他には「長野ボイス」」というバーチャル感を促進させる機能を完備。
ヘッドライン風に流すことによって「リアルタイム・実際に戻してる感」を演出してみました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【質問3】開発で苦労された、あるいは楽だったのは、どういう点ですか?

開発中は新しいアイデアが浮かび追加したくなるのですが、本来のコンセプトから外れる事もしばしばです。
なめこ栽培キットを意識したキャラクター思案もあったのですが、自分がアプリに表現したいのは「なめこ」という人気キャラクターをオマージュした物では無く、何億何兆という途方も無い「なめこの数」をバーチャルに操作するという、なめこの「普及率」そのものをパロディ化した面白味がコンセプトですので、ブレないように徹底しました。

全体の構成はシンプルなのですが、時間概念の機構テストで時間をとられましたね。

■スクリーンショット ※画像はクリックで拡大
 
 

ASCII週アスPLUS for Android GWアプリコンテスト応募【俺の校長】

■アイコン ※画像はクリックで拡大


■アプリ名
俺の校長

■価格
無料

■対応OS
Android

■ダウンロードURL
[Android]
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.marnishi.Principal

■作者
Marnishi(マーニシ) 中西
Marnishi公式Facebookページ: http://www.facebook.com/marnishi.jp

■キャッチコピー
前代未聞!校長先生の長〜いお話がゲームになった!

■アピールコメント
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【質問1】このアプリを着想されたきっかけは?

もし校長先生が、朝礼でとんでもないお話をしだしたら…。
そんな妄想をゲームにしてみました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【質問2】このアプリの開発者的なセールスポイントを教えてください

操作は「話の話題タイトル」を入力するだけの簡単操作で、1文字違うだけで結果が全て変わります。つまり無限の結果が存在し、またシュールな世界観で瞬発力のある"笑い"を得る事ができます。

結果は貧血で倒れなかった生徒・どれぐらいの時間を喋ったか・他ボーナスで得点とされます。

また、特定のキーワードを入力する事で特殊な演出があり、それを探すのも楽しみの一つ。Twitter機能でそういった高得点な話題や、特殊なキーワードを共有する事ができます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【質問3】開発で苦労された、あるいは楽だったのは、どういう点ですか?

意外な結果が生まれる様に工夫した点です。

本アプリはiPhoneで好評であった「俺の校長」のAndroid移植版です。
(参考URL iPhone版: http://goo.gl/2JjoW

特にAndroidを持つ層には絶対的にハマるアプリゲームと思いましたので、Android開発環境を整え今回リリースまで挑みました。

■スクリーンショット ※画像はクリックで拡大
 
 

ASCII週アスPLUS for Android・iPhone GWアプリコンテスト応募【イノシシクラッシュ】

■アイコン ※画像はクリックで拡大


■アプリ名
イノシシクラッシュ

■価格
無料

■対応OS
Android・iPhone

■ダウンロードURL
[Android版]
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.marnishi.WildBoarClash
[iPhone版]
https://itunes.apple.com/jp/app/inoshishikurasshu/id623829548?mt=8

■作者
Marnishi(マーニシ) 中西
Marnishi公式Facebookページ: http://www.facebook.com/marnishi.jp

■キャッチコピー
山道は危険がいっぱい!イノシシに気をつけろ!

■アピールコメント
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【質問1】このアプリを着想されたきっかけは?

長く愛されるゲームを目指した結果、「ゆるい」というテーマに辿り着き、結果このアプリが生まれました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【質問2】このアプリの開発者的なセールスポイントを教えてください

とにかく"ゆるい"がウリです。
誰にもできて簡単ながら難しく、また終わりも無くひたらすら続けられる点です。
またハードユーザーにも対応すべく、タイムアタックモード・サバイバルモードも導入しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【質問3】開発で苦労された、あるいは楽だったのは、どういう点ですか?

あまりに簡単すぎるのも面白みが無いですので、モード追加など思案した点が大変でした。

■スクリーンショット ※画像はクリックで拡大
 

【お知らせ】ページの移転のお知らせ Facebook

この度、本FC2ブログを閉鎖し、Facebookページをメインに活動報告させて頂く事になりました。
長らく(?)のご愛読ありがとうございました!

■移転先・Facebookページ

ナカニシ - Nakanishi (公式Facebookページ)
http://www.facebook.com/nakanishi.jp



今後はこちらにて開発報告をさせて頂きたく思いますので、どうぞ宜しくお願い致します。
Twitter
プロフィール

Shuji.N

Author:Shuji.N
Address:Osaka, Japan

My iPhone Apps!

   

   

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。